紙兎ロペがプラネタリウムに登場!

(株)学研教育出版が板橋区から指定管理業務を受託し、科学コミュニケーション事業室が管理・運営している、板橋区立教育科学館のプラネタリウムで投影される新番組のご紹介です。


板橋区立教育科学館のプラネタリウムは、基本的に科学指導員による生解説で投影を行っていますが、毎年夏休みに合わせて人気キャラクターが登場するプラネタリウム番組を投影しています。


今年は「紙兎ロペ」が、全国に先駆けて登場します。


フジテレビ系「めざましテレビ」で毎朝放送中!テレビCMなどにも起用され、今、最も注目されている話題のショートアニメ『紙兎ロペ』。

『紙兎ロペ』史上初となる、完全オリジナルストーリーによるプラネタリウム番組が登場です!


この作品は、板橋区立教育科学館のスタッフが企画段階から携わり、シナリオの監修も行いました。


ふとしたことで、宇宙人の迷子と遭遇してしまったロペ、アキラ先輩とその仲間達。

「宇宙人の迷子を宇宙に帰す作戦(ミッション)」の決行を決意し、町工場の通称「宇宙ジイさん」のもとへ赴き、巨大なペットボトルロケットを作り上げる。

果たして、ロペたちは、迷子の宇宙人を無事に宇宙へ帰すことが出来るのか!?

シュールな笑いと心温まるストーリーで、宇宙への関心はいきなり100倍!?! キッズ&ファミリーにお勧めです。

rope_image

©紙兎ロペプロジェクト2014/フジテレビジョン

©EXPJ/太陽企画


プラネタリウム紙兎ロペ ネタバレすっと、おれらロケット飛ばすってマジっすか!?

期間:2014年5月3日(土・祝)~9月28日(日)

時間:土・日・祝13時30分~、(夏休み期間中は11時~、13時30分~)

料金:おとな350円、子ども120円

場所:板橋区立教育科学館プラネタリウム

(〒174-0071 東京都板橋区常盤台4-14-1)

対象:小学生以上


※指定管理者制度…公共の施設の管理・運営を、営利企業・NPO法人等に代行させる制度。学研教育出版は、現在、板橋区立教育科学館(館長:御影池和良)と板橋区エコポリスセンター(館長:藤巻寛太)の2館の指定管理を行っています。