色彩を学んで、毎日をもっと素敵に!

色彩検定


新年度が始まってはや1ヶ月。

何か新しいことをはじめてみませんか?

そこでおすすめなのが「色彩検定」です!


インテリア、メイクアップ、ファッションやデザイン関係はもちろん、

販売や教育、毎日の生活やビジネスのシーンなど、

あらゆる分野で役に立つのが色彩の知識です。


説得力のあるプレゼン資料を作ったり、

自分のなりたいイメージを演出したり、

今よりワンランク上をめざしたいという思いを

色彩の力が叶えてくれるのです。



ただ、専門的な言葉や理論も多数出てくるため、

初学者が独学で学ぶのは難しいもの。

そこで、ひとりで学ぶ人を強力にサポートする、

大人気の色彩検定対策本をご紹介します!


ご紹介するのは、

『2015年版色彩検定本試験対策3級』『2015年版色彩検定本試験対策2級』


今回は、この参考書を使って色彩検定に合格した読者の方々に

体験談をお話していただきました。

同時にこの本の魅力はどんなところか、についても伺いました。



体験談1 「シンプルながら、大切なことは全て網羅」(主婦 Y.Hさん)

わずか3カ月程度で、色彩検定に合格しました。各章の解説はピンポイントでわかりやすく、巻末の模擬試験では時間配分のトレーニングをすることができました。ぱっとみると内容が少ないのでは?これで足りる?と思うくらいにシンプルにまとまっている本ですが、検定試験対策や色彩の勉強を進める上で大切なことは全て書かれています。他の参考書も買ってみましたが、結果的に熊谷先生の本が一番でした。集中して勉強し、合格につなげることができました。


体験談2 「忙しい人にこそ、オススメの本」(理容師 K.Mさん)

各章の解説は1見開きごとに内容がまとまっているので、短時間でも集中して覚えることができます。練習問題も多すぎないので繰り返し勉強ができ、覚えるべきポイントや誤解しやすいポイントをしっかりと理解できると思います。私は仕事をしながら受験にのぞんだので、電車やバスなどの移動時間を使って勉強しました。なかなか時間がとれない忙しい人にこそオススメしたい本です。


体験談3 「要点が簡潔にまとまっています」

(食品メーカー マーケティング部 T.Mさん)

色彩検定受検に向けて、自宅学習と熊谷先生のワンポイントレッスンの受講で合格をめざしました。一人で学んでいた私にとって、要点がまとまっていて図やイラストが多く、視覚的に学習を進められるこの本は、受検の強い味方になりました。各章の解説と練習問題が連動しているので、問題を解きながらわからないところは解説に戻って復習し、理解を深めました。


ここで紹介しきれなかった中でも、

たくさんのご好評のお声を頂いています。


色彩検定は年2回。

6月と11月に行われ、約1か月前に申し込みます。

夏期検定試験の申し込みの〆切も近づいています。

学習を始めるのには、今がピッタリのタイミングです!


みなさんもぜひ、「色彩検定本試験対策」と一緒に

新しい一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか?