「読書習慣」と「学習習慣」が1度に身につく新ドリル!

本を読むことで、子どもたちの世界はどんどん広がります!

お子さまには幼いころから本に親しみ

読書習慣を身につけさせたいと思っている

お父さん、お母さんも多いのではないでしょうか?


読書」と「文章読解の勉強」が1度にできる、新しいドリルができました!

それが、「おはなしドリル」シリーズです。


表紙


読書習慣を身につけるために重要なことは2つ。

楽しく読めるかと、正しく読めるかです。


この『おはなしドリル』の文章は、

低学年のお子さまに人気のテーマで、

1話が短く、気軽に楽しめるお話ばかりです。

だから毎日読む習慣をつけるのにぴったり!


そして、ただ読むだけで終えてしまってはもったいない!

そのまま文章読解の問題を解くことで、

正しく内容をつかめているか確かめることができます。

そのため、読解力がぐんぐん身につきます!


「おはなしドリル」は、次の4冊です。


『おはなしドリル かがくのおはなし 小学1年』には

「ゾウの鼻はなぜ長い?」「あついとなぜあせをかくの?」、

『おはなしドリル 科学のおはなし 小学2には

「魚も夜はねむるの?」「流れ星ってなに?」など、

身近なナゾがみるみるわかる、好奇心を刺激するお話です。


科学


読む人の気持ちを明るくしてくれる

『おはなしドリル わらいばなし 低学年』は,楽しく読めることまちがいなし!

お話の最後にどんな「落ち」があるのか、毎日わくわく読み進められます


笑い話


『おはなしドリル 伝記 低学年』では、

ヘレンケラー、エジソン,ナイチンゲール,

ライトきょうだい,徳川家康など,

子どもたちの心をはぐくむ偉人のお話を短くまとめています。

いろんな人に出会える楽しさが魅力です。


伝記


1日分は2ページ、たった15分です。

毎日本を読むことも、ドリルを解くことも、

この『おはなしドリル』なら気軽に続けられます。


ぜひ好きなおはなしを選んで、低学年のうちから、

読書習慣」と「学習習慣」を楽しく身につけてください!


――――――――――――――――――――――――――――

『おはなしドリル かがくのおはなし 小学1年』

『おはなしドリル 科学のおはなし 小学2年』

『おはなしドリル わらいばなし 低学年』

『おはなしドリル 伝記 低学年』

定価:各本体650円+税