かんたん! 楽しい! 短時間!  しかも立派な自由研究

夏休みです。

楽しい夏休みです。

楽しい夏休み

夏休み大好きです。

読書感想文と自由研究さえなければ…。


読書感想文は書いてしまえばすっきりしますが

「自由研究」はそうもいきません。

というのも、学校が始まると教室の後ろなどに

飾られてしまうことが多いからです。

つまり、手をぬくと恥ずかしい思いをします。

一方でユニークなものを提出すると、教室のヒーロー、ヒロインになれます。


そんな複雑な感情がからみあってしまうため

「自由研究何やっていいかわからない…」となってしまう人が多いようです。

そして、悩んでいるうちに、夏休みの終わりは目の前にきてしまいます。


「かんたんで…」「楽しくて…」「短時間でできて…」

「そこそこ立派なものを…」

と思っている方へ、ユニークな自由研究のキットを3点お知らせします。


まず、低学年でもできる

ダンゴムシ飼育観察キット」。

ダンゴムシ


おとなにとっては駆除したい害虫ですが

丸まって身を守るダンゴムシは、子どもにとっては「不思議」の固まりです。


透明なケースの中に、キューブで迷路を作ると

なぜか、ゴールに向かっていきます。

透明ケース

● ダンゴムシの生態を調べ

● 10ぴきのうち、何びきがゴールにたどりついたか実験し

● その結果をまとめる

まとめたものとダンゴムシが入ったままのケースを提出すれば

わずか1〜2日で仕上げた自由研究でも

クラスの人気者になれるでしょう。

とはいえ、先生はいやがるかもしれませんが…。


次に、紹介するのは、

自然観察望遠鏡キットです。(写真:望遠鏡パッケージ)

自然観察望遠鏡


普段近寄れないものをアップで観察できる18倍の望遠鏡です。

木に咲く花をながめたり、生き物をじっくり見たり、

月のクレーターを探したりするだけでも

楽しく使えるキットです。


さて、自由研究をするために1つの例をお知らせします。

(例)動物園でキリンの観察

ここで大切なのが手順です。


× 動物園に行く → 望遠鏡で観察して楽しい動物を探す → 動物の特徴をまとめる

これは、良くない手順です。

動物園が楽しくて、遊んで終わってしまいます。


そこで

◯ 動物園に行く前に図鑑で調べ、何の動物を観察するか決めておく → 望遠鏡で確認する →動物の特徴をまとめる


そうするとこんな感じ↓にまとめられます。

動物園


ガイドブックには、動物園以外でのまとめ方の例がいくつも載っています

使った望遠鏡をいっしょに提出してもいいかもしれません。


最後に紹介するのが「水質調査キット」です。

見た目も器材も これぞ研究! って感じです。

実際、本格的な調査キットです。

水質調査キット


ミネラルウォ–ターや水道水が作られるしくみが

ろ過キットでわかります。

また、水不足の国で活躍している「新素材」を使えば、

泥水が一瞬で、透明になります。

水質調査キット


ほかにも、雨水や水道水などが酸性かどうか、カルキが入っているか、

水の透明度はどうかなど

このキットで調べられることはいっぱいあります。

科学的な要素はもちろんですが、

4年生で習う「浄水場」や6年生で習う「国際理解」などにも広げられます。

そのときに、充実したガイドブックが役立つはずです。



いかがでしょうか。

ご紹介した3アイテムは、

観察や実験に1日、まとめに1日と考えればわずか2日間で完成です。

実際、提出された自由研究のほとんどは

おとなが手伝っていることでしょう。

ならば今年は、おとなが「かんたんで楽しめる」自由研究を選び、

子どもをうまく誘導してみたらいかがでしょうか。

(ダメでしょうかね…)