未来のために。


震災から10日あまり。
世の中はまだまだ落ち着きを取り戻してはいません。

わたしたち社員もまだ落ち着かない気持ちで、
不安な日々を過ごしています。



本づくりというのは、何か月も何か月もかかります。

いま手もとにある原稿が本という形になって、
読者のみなさんの手に届くころ。
そのころには、この未曾有の事態がいまよりも
落ち着いていることを願い、祈っています。

本は、知識を与え、心を育み、生きる力を与えてくれます。

わたしたちは、
平穏な日々が必ず戻ってくることを信じて、
いま目の前にあることに専心したいと思います。

それが、わたしたちが未来のために、いまできる、
そして、いますべきことなんだと思います。


学研教育出版「広報チーム」一同