英語合宿「親子で語学 in SHINAGAWA-SO」が行われました。

英語合宿


8月の夏休み期間に、品川区の保養所である品川荘(静岡県伊東市)で3泊4日の英語合宿「親子で語学 in SHINAGAWA-SO」が行われ、8組の親子が参加しました。

この合宿は、「百ます計算」で有名な陰山英男先生と学研教育出版が、新たに英会話ドリルのメソッドを開発、その効果を確かめるべく、オンライン英会話を展開するQQイングリッシュの協力を得て実施したものです。フィリピン・セブ島から3人の英語教師を招き、参加者は、講師や友達とのコミュニケーションなど日常会話はすべて英語を使った生活を送りました。

親子は、英語でチェックイン後、英語脳の活性化を図るためのフラッシュカードを使った反復学習やワークブック、オンライン英会話などに挑戦。また、英語のレシピをもとに買い物に出かけ、講師と共に料理を作ったり、歌やスイカ割りなどを通して英語に親しみました。

参加した2年生の女の子は、「みんなと遊んだり、英語で話したことが楽しかった。もっと長くやりたかった」と話し、保護者の一人は、「最初はドキドキでしたが、子どもにリードされながら今まで忘れていた英語に取り組むことが出来ました」と笑顔で語りました。

最終日、子どもたちは、すっかり仲良しになった外国人講師とハグしながら英語で別れを惜しんでいました。

今回の“模擬留学”を通して、陰山先生の教育理念を取り入れた指導法に効果がわかることが再確認できました。学研教育出版では、この新メソッドを取り入れた英会話学習サービスを今後予定しています。詳細は、当ブログなどで随時ご紹介していきますので、ぜひチェックしてください。