伸び悩む女の子を、伸びる女の子に変えるヒント

TOP

こんな人におすすめ

私は勉強ができないから…」「うちの子は全然ダメで…

成績が伸びない女の子や、そのお母さんが、よく口にする言葉です。
しかし、長年にわたって女子教育に携わり、偏差値や進学率で驚異的な実績を打ち立て続ける「女子校のカリスマ校長」こと著者の長野雅弘先生は、こう言いきります。

子どもはちっともダメなんかではありません。やればできるのに、親や教師に決めつけられ、『私は勉強ができない』と思い込んでいるのです。」

特に思春期の女の子は、心が学力に大きな影響を与えるので、がんばったことをこまめにほめてあげ、やる気を出させるのが大事なのだそうです。

1

また、勉強ができるできないは、「勉強のやり方」を身につけているかどうか、「勉強の続け方」を身につけているかどうかで決まるのだそうです。確かに、「ちゃんと勉強しなさい」と言われても、何を、どんなふうに、どのくらい勉強すればいいのかって、わからないですよね。しかも、やる気を維持するのは難しいし…。

『「勉強ができない」と思い込んでいる女の子とお母さんへ』では、先生の女子校で独自に開発した「勉強のやり方」「勉強の続け方」を、家庭でも実践しやすい形で紹介しています。それが、書き込むだけで成績が上がる復習シート」と「継続シート。コツコツ書くことの好きな女の子にピッタリの勉強法です!


2

「復習シート」…1日の授業の内容を、何も見ずに「思い出し」欄に書きます。終わったら、教科書やノートを見ながら、学習のポイントを赤ペンで「復習」欄に記入します。


3

「継続シート」…1週間の目標、1日の目標(スモールゴール)を書いておきます。毎日チェックして、1週間が終わったら、目標が達成できたかどうかを確認します。自分で決める「ごほうび」と「ペナルティ」の欄があるから、楽しく続けられますよ。


4b

巻末付録として、「復習シート」「継続シート」のフォーマットがついています。コピーしてずっと使えます。小学生用と、中・高校生用がありますよ。


5b

さあ、この表紙のように、初めはお母さんがそっと手を引いてあげましょう。一歩を踏み出せずにいる女の子が、大きく変わります。輝き出します!