英語で日記を書こう!石原真弓先生の講座がスタート!

DMA-ishihara

otomanakonnahito

英語を学ぶ皆さんに朗報です!

伊勢丹新宿本店で2015年3月から始まるOTOMANA(オトマナ)では、「大人の学び」をテーマにさまざまな講座が開講します。このOTOMANAで、大人気著者の石原真弓先生によるライティング講座がスタートします。OTOMANAのHPはこちら。


そこで、石原真弓先生の担当編集Tからの指令で、社会科編集のNが石原真弓先生に緊急インタビュー!

編集N)石原先生、はじめまして。ちょっと緊張しています…。今日はよろしくお願いいたします!

石原先生)Nさん、はじめまして。こちらこそ、よろしくお願いします。

編集N)先生! 最初に告白しておきたいことがあります。実は私、英語が苦手なんです…。やり直したいと思っているのですが、なかなか勉強が続かなくて…。

石原先生)そうなんですね。「続けられない」ときは、その学習方法に問題があることが多いんです。楽しくて気楽な学習法なら、きっとNさんも続けられますよ。

編集N)そうでしょうか…。私も石原先生に教えてもらいたいです(涙)。先生、OTOMANAで始まる講座について詳しく聞かせてください。どんな講座名なんですか?

石原先生)講座名は、「日記やTwitterで英語を発信しよう ~毎日、少しずつ書いて会話力もUP!~」です。

編集N)日記にTwitter、そして会話と盛りだくさんで楽しそうですね。編集Tから聞いたのですが、先生は、高校を卒業して留学したときから、ずっと英語で日記を書き続けているそうですね! すごいです。そんな先生から直接教えてもらえるなんて、これはチャンスですね。

石原先生)たくさんの方に受講していただけるとうれしいです。楽しく学んでいただけるように、いろいろ工夫して、準備に取り組んでいます。

編集N)でも先生、英語の4技能の中で「書く」というのは、もっともハードルが高いように感じます。正直、日記を英語で書くなんて面倒な気がして、自分には無理かもしれません…。

石原先生)大丈夫ですよ! 日本語で書くほうが面倒かもしれませんよ? 画数の多い漢字もありますしね(笑)。英語で日記を書くのは、Nさんが心配するほどハードルは高くはないですよ。コツをつかめば、気軽に取り組めます

編集N)えっ、そうなんですか!? そのコツってなんでしょうか?

石原先生)Nさんはどんなことを日記に書きますか?

編集N)私は、起きた時間や、食べたもの、買ったもの、会った人などについて書くことが多いです。

石原先生)起きた時間ならI got up at…、食べたものならI had…、買ったものならI bought…、会った人ならI met…で書けますよね。どうですか。難しい単語や構文は1つもないですよね?

編集N)そうですね!! 日記は、やさしい英語で書けるんですね。

石原先生)そうなんです。ネイティブも難しい単語や構文はほとんど使いませんよ。それに日記では、同じような内容を繰り返し書くことが多いですよね。ですから、日記を英語で書くと、自分が普段、英語で書きたいことや言いたいことがしっかり身につくんです。

編集N)確かに、日記には同じようなことばかり書いています。でも、何文くらい書くと効果があるんでしょうか? 勉強ですから、たくさん書かなければいけないですよね…?

石原先生)たくさん書く必要はありません。1日2~3行でも十分効果が出ます。私も毎日数行しか書いていませんよ。

編集N)先生もそうなんですか! やさしい英語で手短に書けばよくて、それで英語が身につくなんて、いいことづくめですね…。Twitterはどうですか?

石原先生)Twitterは文字数の制限がありますよね。だから負担にならずに気軽に続けられるんです。日記帳代わりに、今日の体調や天気を書いてみるのもおすすめですよ。It’s  beautiful today!(今日はいい天気だなぁ!)なんてつぶやいてみてはどうでしょうか?

編集N)なるほど! そのくらいなら私でも続けられそうです。OTOMANAのライティング講座では、英語で日記やTwitterを書くときのコツや表現を学ぶことができるんですね。

石原先生)はい、そうです。簡単な英語で楽しみながら書くコツだけでなく、学んだ構文や表現を会話へ応用する方法もお教えします。ですから、会話力もアップしますよ!

編集N)一石二鳥ですね。それはうれしいです! なんだかやる気が出てきました。講座はいつスタートするんでしょうか?

石原先生3月24日(火)から始まります。第2、第4火曜日の、午後7時~8時30分までで、全部で7回です。最終日は6月23日です。詳しくはOTOMANAのHPを見てみてくださいね!

編集N)全部で7回ですか! それなら、気楽に取り組めそうです。7回で自分の英語力がどのくらい変わるか、わくわくしますね。それに、8時30分に終わるなら、講座の後に伊勢丹でおいしいものが食べられますね!!

石原先生)勉強の後のお楽しみも大切ですね(笑)。OTOMANAで、多くの皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

編集N)あ、先生。1つ心配なことがあります。学生のときに一生懸命覚えたはずなのに、単語や構文がぱっと思い出せないんです…。何かおすすめの本はないですか?

石原先生)そうですね。そのご質問には、私の担当編集のTさんから答えてもらいましょう。

編集T)単語や構文が思い出せない、辞書はなるべく使いたくない、でも書きたいことをすぐ書きたい…そんな欲張りなNさんにおすすめなのが、この2冊。1年間書き込めるダイアリーつきの『ダイアリーつき やさしい英語日記』と、約13000表現が収録された『英語日記パーフェクト表現辞典』です! これさえあれば、書きたいことがすぐ書けます。石原先生と作った、自信作です!

nikkiandjitenshoei

編集N)Tさん、その2冊を私にください!

編集T)ダメ! 自分のお金で買ったほうが、やる気が出るってもんです。

編集N)え~。ケチ!

石原先生)Nさん、OTOMANAでお会いしましょうね!(笑)

編集N)は、はい! 楽しみにしています!!


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

『ダイアリーつき やさしい英語日記』/B5判/(本体933円)+ 税

『英語日記パーフェクト表現辞典』』/A5判/(本体2400円)+税