すみだ水族館にて「土用の丑の日 うなぎアカデミー」が開催されました!

2015年8月5日(水)は、土用の丑の日。この日、東京都墨田区の東京スカイツリータウンにあるすみだ水族館にて、『うなぎ 一億年の謎を追う』の著者である塚本勝巳先生のイベントが行われました。

その名も!「土用の丑の日 うなぎアカデミー」です!

IMG_1006

『うなぎ 一億年の謎を追う』は、今年の第61回青少年読書感想文全国コンクール中学校の部の課題図書です。この本は、ウナギについて一億年ものあいだわかっていなかった謎を、40年間追い続けたウナギ博士のものがたりです。


みなさんはもう読みましたか?


すみだ水族館では、2015年8月31日まで「ぬるにょろすい」というイベントを行っています。
“ぬるぬる”“にょろにょろ”したいきもの、ウナギ、アナゴ、トラウツボなど全17種を展示し、水槽には、それぞれのいきものの特徴を表す川柳の表示があります。楽しみながら、少し不気味でどこか愛らしいいきものを観察することができます。

nurunyorosui IMG_0991

©すみだ水族館

今回のイベント「土用の丑の日 うなぎアカデミー」では、ウナギの不思議を40年追い続けた世界一の“ウナギ博士”塚本勝巳先生による、ウナギの不思議と研究のおもしろさ、自然の大切さを知ることができるスペシャルワークショップが開催されました!

IMG_0975

たくさんの親子が、塚本先生の話を目をキラキラさせながらも、集中して聞いていました!

IMG_0941

IMG_1005

みんなでうなぎの絵を描いてみたり、うなぎのお面を作ったり、楽しいプログラムも盛りだくさんで子どもたちは大喜び!

IMG_0944

さらに、うなぎの水槽の前で塚本先生に質問タイムも!

男の子「先生!うなぎには毒があるって本当ですか?」
先生「うなぎの血には弱いけど毒があるんだよ。だからうなぎはあんまりお刺身で食べないんだよ。」
男の子「へぇ~!そうなんだ!知らなかった!!」

このほか、「うなぎに鼻はあるの?」「うろこはないの?」「何を食べているの?」などなど、子どもたちはうなぎに興味津々。
どんどんウナギ博士に質問していました!

さらに、イベント後は塚本先生の著者サイン会も行われ、大好評でした!
こんな風に、夏休みの読書感想文はもちろん、自由研究にもってこいの児童書『うなぎ 一億年の謎を追う』は、すみだ水族館内のショップでも販売されています!

IMG_1013_2

_K2G2625_2 IMG_1019

ぜひ、夏休みのあいだに、『うなぎ 一億年の謎を追う』を読んで、家族ですみだ水族館へお出かけください!