追加された名場面! ~保育絵本編集の裏側~

こんにちは!

今回は、学研教育出版の仕事、こんなことやってます!
ということをお伝えしたくて、
私が編集をしている絵本の制作秘話を紹介します♪

私が担当しているのは、
「おはなしファンファン」という、
幼稚園や保育園に直接お届けしている
2、3歳児向けのしかけ絵本です。
(残念ながら、書店やネットなどではお買い求めいただけません。)


もう「おはなしファンファン」4月号が、
保育園や幼稚園に届いたかと思います。

ファン表紙画像
「おやつはドーナツ」
作・原口かおり 絵・永吉カヨ

うさぎのバニラちゃんがドーナツをたくさん作って、
森のみんなにおすそ分けしに行く・・・・・・というお話です。

ファン中面

どっさりドーナツ!!!

おいしそうですよね。

実は、この場面、原案初めはなかったんです。

この前の場面は、うさぎのバニラちゃんがドーナツを揚げている場面。
この後の場面は、バニラちゃんがドーナツをバスケットに入れて、
お出掛けする場面。

たしかに、話の流れとしては、この場面がなくてもつながります。

でも、編集部は閃きました。

「子どもたちは、どっさり出来上がった
おいしいドーナツの絵を見たら、喜びますよね!」

「たしかに、どっさり出来たドーナツの絵を見たら、
子どもたちは、おすそ分けしたい!と思えて、
もっとお話に入り込めますよね!」

と、作家さんと話し合い、
ドーナツがどっさり出来上がった場面を追加することになったのです。

しかも!

「せっかくなら、このドーナツから香りがしたら、
ますますおいしそうですよね!」

ということで、
こするとドーナツの香りがするようにしました!
(においを画面からはお伝えできなくてごめんなさい・・・・・・。)

これは、香料印刷といって、
においを小さな小さなカプセルに閉じ込めて印刷することでできるものです。

ドーナツの香りというのはないので、
ドーナツをイメージできる、あま~いバニラの香りを付けました。

主人公のうさぎの名前もバニラちゃんなので、ピッタリ!

そんな経緯から生まれたこの場面は、大好評で、
「おやつはドーナツ」を代表する場面になりました。


これからも、子どもたちに絵本を好きになってほしい、
そんな思いを胸に、日々編集に励んでまいります!

(文:I編集部員)