秋の星空を見上げつつ……宇宙のなぞに触れてみませんか?

「なぜ?どうして?宇宙のお話」


今年はりゅう座流星群の当たり年ということで、
先週末は星を見にお出かけされた方も
たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

星空を眺めると、その向こうに広がる宇宙の神秘に、
思わず思いを馳せてしまいますよね。


さて、そんなときにおすすめなのが、
「なぜ?どうして?宇宙のお話」です。
小学生向けの本ですが、親御さんが読んでも、十分に楽しめます。

「宇宙はどこまでひろがっているの?」
「星占いの12星座はどうしてえらばれたの?」
「月のうら側はどうなっているの?」
「火星ってどんなところ?人は住めるの?」
「彗星にはどうしてしっぽがあるの?」
など、さまざまな疑問に、わかりやすく答えています。

他にも、遠い銀河やブラックホールのお話、
人工衛星や宇宙飛行士のお話まで、
宇宙にまつわるお話が、全部で40話。
1話1話が短いので、お子さんも飽きずに読み進められますし、
時間のない大人も、気軽に読むことができますよ。


秋の夜空を眺めつつ、お子さんと一緒に、
プチ宇宙博士になってみるのもいいかもしれませんね。


(Y編集部員)