世界史も化学も面接も!マンガで勉強できちゃいます♪

「今日こそ勉強しよう!」と思っても、
ついつい机の横に置いてあるマンガを開いてしまう……。
試験前によくあることではないでしょうか。私も経験があります。

では、マンガを読みながら勉強ができるとしたら……?
そんな一石二鳥の学習参考書が、
学研の『新マンガゼミナール』シリーズです。

11月には新刊の
『大学受験らくらくブック 生物Ⅰ』
『大学受験らくらくブック 化学Ⅰ』
が発売になります。

『大学受験らくらくブック 生物Ⅰ』 『大学受験らくらくブック 化学Ⅰ』

「大学受験らくらくブック」という名のとおり、
内容は大学受験レベルにも対応
まさかまさか、マンガを読むだけで、
その教科の流れが勉強できてしまいます。

さて、その中身はというと――


※画像は『生物Ⅰ』のもの

※画像は『生物Ⅰ』のもの

このように、主人公たちが喋るカエルに出逢ったり
宇宙人と出逢ったり
未来人と出逢ったり……。
出会い、別れ、愛、努力、友情、勝利(?)。
それぞれの巻ごとにストーリーが進みながら、
その教科で学ぶべきことを、
絵と台詞、ときには図版やグラフも交えながら、
きちんと解説してくれます。

※画像は『生物Ⅰ』のもの

※画像は『生物Ⅰ』のもの

参考書で文章と図だけで勉強していたことも、
こうやってストーリーがついたマンガになると、
頭に入ってきやすいから不思議
です。


現在、文系から理系まで、合計15点が発売中。
高校生向けの「大学受験用マンガ参考書」で、
これだけ幅広い科目をカバーしているのは、学研だけです。

12月には、なんと『数学Ⅰ・A』も発売予定。
マンガで数学が学べるなんて、驚きです!


一日、いえ、数時間で読みきることが出来るから、
受験勉強のはじめの一歩にも、
追い込みにも使える『新マンガゼミナール』。

勉強中、マンガの誘惑に駆られたときは、
このシリーズを手に取ってみてはいかがでしょうか。


(編集部員ゆ)