全国の小学生にアンケートを実施! 今、小学生がもっとも知りたい「ぎもん」を集めた本です。
『なぜ? どうして? 身近なぎもん 5年生』 『なぜ? どうして? 身近なぎもん 6年生』

白い表紙でおなじみの、『10分で読める』『なぜ? どうして?』などの、
「白い本」シリーズは、おかげさまで累計270万を突破しました。

その最新刊として、

『なぜ? どうして? 身近なぎもん 5年生』
『なぜ? どうして? 身近なぎもん 6年生』

の2冊が12月2日に同時発売となりました!

その気になる中身とは?



この本は、
小学生の身のまわりにある「なぜかな?」「どうしてなんだろう?」
というぎもんに、平易な文章で答える本です。

それぞれ、3~5ページで説明しているので、
気軽に読んで理解することができます。


既刊の4冊『なぜ? どうして? 身近なぎもん 1~4年生』では、
「本を読むのが楽しくなった」という声を多数いただいています。

「子どもが、『へー、そうなんだー』と夢中で読んで、
 知ったことを家族に教えてくれています」(小1女の子の母)

「学校では教わらない、とてもためになる本だと思うので、
 全学年買っていきたいです」(小1男の子の母)

「本を読むのがあまり好きではない子なので、
 本に興味を持ってほしいと思って書店に連れていったら、
 自分から『これ読みたい!』と持ってきました。
 家へ帰るとすぐに読み始め、集中していました。うれしいです。」
(小3男の子の母)


ご好評をいただいている理由の一つとして、
本当に知りたい、興味のある「ぎもん」がのっていること
があると思います。

これを支えているのは、全国の小学生へのアンケートでのリサーチです。

今回発売となる、
『なぜ? どうして? 身近なぎもん 5年生』
『なぜ? どうして? 身近なぎもん 6年生』でも、
これまでと同様に全国の「小学5年生」「小学6年生」へアンケートを実施しました。

 「『曜日』は、だれが決めたの?」
 →「興味がある」と答えた小学5年生…86.8%

 「サッカーのボールのもようは、どうやって決まるの?」
 →「興味がある」と答えた小学5年生男子…92.0%

 「ドラキュラって、ほんとうにいたの?」
 →「興味がある」と答えた小学6年生女子…83.1%

 このように、各学年で興味・関心の高かった「ぎもん」を採用しています。


また、「液状化現象って、なに?」(5年生)
「自然エネルギーには、どんなものがあるの?」(6年生)
「放射能って、なに?」(6年生)
「地震がくる直前に、きんきゅう地震速報が流れるのは、どうして?」(6年生)
といった、最近よく耳にすることがらについての
「ぎもん」も、とりあげています。
大人もなかなか説明できない内容について、
子どもにわかりやすい文章で説明しています。

いま話題の放射能についても。

文・丹野由夏 絵・斉藤ワカメ

さらに、6年生の本には、
「放射能の、人体へのえいきょうを研究した科学者 シーベルト物語」も
収録しています。

シーボルトの紹介も。

文・丹野由夏 絵・永吉カヨ


お子さまが、「探求」へと突き進むエネルギーの源と
なるような一冊になればうれしいです。


(F編集部員)