『宇宙一わかりやすい』高校物理の参考書が登場!

学生のみなさん、遊びもよいけれど勉強にも大事な夏がやってきます!
そこで今回紹介する、先週発売の参考書はこちら。

『宇宙一わかりやすい高校物理 力学・波動』

『宇宙一わかりやすい高校物理 力学・波動』

シリーズの『宇宙一わかりやすい高校化学 理論化学』
『同 無機化学』が発売中。
わかりやすい説明と、たのしいイラストで
多くの受験生から好評をいただいています。
今回は、その物理編を発刊することになりました!
計500ページ以上にわたり、高校物理の力学・波動を
徹底的にかみくだいています。


物理編では、表紙にいるハカセ(校長)とリスが、
“地球の物理を宇宙一わかりやすく解説することになった”
という設定でストーリーが展開されます。
(巻頭と巻末に6ページずつのマンガつき)

Zの評価がつき、気絶するリス

サンプルページ

面談中にタントウが乱入

サンプルページ

リスは“ブツリス”になれるのか!?

物理編でも「遊び心いっぱいの参考書」という世界観は変わりません。


著者は鯉沼拓さん、現役の東大生です。
自身の受験経験を踏まえ、必要な部分は手を抜かず、説明してくれました。
受験生に近い立場で、「つまずかせないように」と
書かれた本文は明快です。

監修は代々木ゼミナールの超実力派講師、為近和彦先生です。
「はじめて学ぶ人もわかるように」と、別冊の問題集を含む
すべてのページをチェックして、アドバイスをいただきました。
「とてもていねいな、いい参考書です」と
太鼓判
を押してもらえた内容に仕上がっています。


さて、肝心の内容を見てみますと、
力学・波動の受験に必要な知識を超わかりやすく説明しています。

力学は具体的な例を多くし、徐々に理解が深まるようにしてあります。

イラスト図解が理解を助ける

波動はイメージをしやすいよう、
キャラクターを使って図解してあります。

波の動きはキャラクターでイメージ

別冊の問題集はすべてくわしい解説付きで、
本冊で読んだ知識をしっかり定着させられます。

問題を解いて、理解も深められる


今作もイラストは水谷さるころさん。
コミックに参考書に唄にと、活動の幅をどんどん広げています。

この夏「物理を勉強し始めよう!」と心に決めた人は、
ぜひ手にとって読んでみてください。
買って損はしませんと胸を張って言えます。
こう見えても本格派の参考書ですから、受験までずっと使えますよ。


『宇宙一わかりやすい高校物理 力学・波動』
(定価1480円、判型A5判、ページ数:本冊428ページ・別冊80ページ)