『学研まんがNEW日本の歴史』発刊記念まんが家さんスペシャルインタビュー③

11月16日に発刊された『学研まんがNEW 日本の歴史』
おかげさまで絶賛発売中です。
さて、発刊を記念したスペシャル企画、
まんが家の先生がたからのメッセージの第3回は、
この方です!!


第3回 アサミネ鈴(あさみね すず)先生
第9巻『開国と明治維新』

第9巻『開国と明治維新』


■今回のまんがを描き終えた、率直なご感想をお願いします!

アサミネ先生 まさか自分が、大好きな歴史を
学習漫画という形で描かせて頂けるとは
夢にも思わなかったので、格別の思いです。
とても楽しくお仕事をさせて頂きました。


■登場人物や場面について、製作中に思われたことを
教えてください。(特に思い入れの強い人物、描きにくかった人、
力の入ったシーン、など)

アサミネ先生 思い入れの強い人物は、
やはり西郷隆盛(さいごう たかもり)です。
ラストサムライ。幕末の世で、
彼の情の厚さには何かひかれるものがあります。
とても愛犬家だったそうで、犬を何匹もかっていたとか。
なんだかなごみますよね。


■ご担当巻に関わらず、先生の好きな時代、歴史上の人物を、
教えてください(理由も教えてください)!

アサミネ先生 平安時代末期です。
源平合戦が大好きです。
好きな歴史上の人物は
木曽義仲(きそ よしなか)(小勢力から破竹の勢いで駆け上がったカリスマ性。)
仁科盛信(にしな もりのぶ)(最後の武田武士、意地の死に様が。)
藤堂高虎(とうどう たかとら)(筋を通す、律義者の生き様が。)


■子どものころ、まんが版日本の歴史を読まれましたか?(出版社問わず)
読まれて、どんなことを思いましたか? 
印象に残っている人物やシーンがありましたら教えてください。

アサミネ先生 読みました。印象に残った人物は、
織田信長(おだ のぶなが)です。
負けを知らない強さをカッコいい!と思った反面、
焼き討ちなどを平気で行う残酷さが怖かった記憶があります。


こちらのイラスト&メッセージは、
今回のためにアサミネ先生が描いてくださいました!!

●アサミネ先生の最新作
「明和義人~封建の世で、町民自治に命をかけた新潟人がいた。」(ウイネット出版)


次回は、第2巻『飛鳥の朝廷から平城京へ』
河伯(かわかみ)りょう先生からメッセージをいただきます。
お楽しみに!!


《いままでのスペシャルインタビューはこちら》
第5巻 小坂伊吹先生
第6巻 館尾 冽先生

―――――――――――――――
『学研まんがNEW 日本の歴史』
各998円(税込)/菊判/各144ページ
全12巻セット
定価11,970円(税込)