『TOEICテスト頻出キーフレーズ600』とその著者・塚田幸光先生が『アエラ・イングリッシュ』2013年春号に登場!

年間受験者数が200万人を突破した
TOEICテスト(ちなみに、世界約120カ国で約600万人が受験)。
ビジネス誌でも、「TOEICを特集すると売れ行きがアップする」
といわれるほどTOEICテストは相変わらず熱い注目を集めています。
そんな中、朝日新聞出版発行の
『アエラ・イングリッシュ』2013年春号(3月6日発売)でも、
「初めてのTOEIC 600点越え!」という特集が組まれています。

「アエライングリッシュ」

そして、その巻頭特集と特典付録に、
学研からも多数の著書がある
塚田幸光先生(関西学院大学教授)が登場しています。

アエライングリッシュ中面

巻頭記事「この5項目が600点のベースになる! 筆写」で塚田先生は「筆写」を用いた学習方法を解説している


アエライングリッシュ中面2
 
アエライングリッシュ中面3

特典付録「自分で作る! 頻出フレーズ120」。音声を無料ダウンロードして繰り返し聞き、音読、筆写で頻出フレーズをマスターする

特に、特典付録の「自分で作る! 頻出フレーズ120」では、
学研から出版された『TOEICテスト頻出キーフレーズ600』
例文を使った学習方法が提案されており、
本書についても詳しく紹介されています。

『TOEICテスト頻出キーフレーズ600』

『TOEICテスト頻出キーフレーズ600』


塚田先生

塚田先生は、学研をはじめ小学館、アスク出版などからも
TOEIC関連書籍を数多く出版しており、
「カリスマTOEIC講師」がひしめくTOEIC界で、
ひときわ大きな存在感を発揮しています。
ご自身の勤務先である関西学院大学をはじめ、
京都大学、神戸大学など、関西圏の大学を中心に
TOEIC講座を担当し、学生の信頼も絶大です。
しかし先生のご専門はあくまでも
「アメリカ研究を軸とした映像文化研究」。
専門分野の研究をいつしているのだろう!?
と思うほどさまざまな仕事に取り組んでいらっしゃいますが、
いつの間にかちゃんと専門書の著作も出版してしまう
という先生のパワーには、いつも敬服させられます。

『アエラ・イングリッシュ春号』のなかで
紹介されている20冊近いTOEIC対策本は、
全国の書店でフェア展開され、
朝日新聞出版のサイト「ブック・アサヒ・コム」上でも紹介されます。
『TOECIテスト頻出キーフレーズ600』も、
また新たな読者を開拓することが大いに期待されています。

読みたい本がみつかる ブック・アサヒ・コム


学研から出ているその他の塚田先生執筆(共著も含む)のTOEIC対策本

『TOECIテスト10秒ルール 文法・語彙』

『TOECIテスト10秒ルール 文法・語彙』

『TOECIテスト10秒ルール ウラ技解法』

『TOECIテスト10秒ルール ウラ技解法』

『TOEICテスト本番攻略模試』

『TOEICテスト本番攻略模試』

『TOEICテスト本番攻略模試 Vol. 2』

『TOEICテスト本番攻略模試 Vol. 2』

『TOEICテストビギナーのための本番攻略模試』

『TOEICテストビギナーのための本番攻略模試』