『宇宙一わかりやすい高校物理』の続編が登場!

宇宙一わかりやすい高校物理(電磁気・熱・原子)


こんなひとにおすすめ


大好評をいただいている『宇宙一わかりやすい』シリーズ。

各所で大絶賛の「力学・波動」編に続きまして、2013年12月24日に

『宇宙一わかりやすい高校物理(電磁気・熱・原子)』

が発売となりました。なんと600ページの超大作です!


2012年8月の『宇宙一わかりやすい高校物理(力学・波動)』発売以来、

「続編はいつ出るの?」というお問い合わせを多数いただきました。

たいへんお待たせしてしまい、申し訳ありませんでした。

時間がかかってしまいましたが、内容は最高の出来になっておりますので、

ご期待ください。


本作の特長の1つは魅力的なキャラクターたち。

今回は電気をうまく扱えない、電気クラゲのジェリーが仲間に加わり、

たのしくにぎやかな誌面になっております。


宇宙一わかりやすい高校物理(電磁気・熱・原子)



宇宙一わかりやすい高校物理(電磁気・熱・原子)プロローグp8-9

 

著者は前作に引き続き、現役東大生の鯉沼拓さん。

今作も細部まで手を抜かず、かみくだいた解説をしています。

そして、監修は代々木ゼミナールの超実力派講師、為近和彦先生。

本冊・別冊合わせて600頁すべてを、しっかりとチェックしていただきました。

(最終ページには、おふたりが握手を交わすイラストが掲載されています)


高校物理の鬼門は“電磁気”です。

本書は基本からしっかりと電磁気を理解してもらうために

電磁気だけで本冊と別冊合わせて350頁以上をさいています。



そして、熱・原子分野は効率よく学べて、得点源にできるように編集されています。


宇宙一わかりやすい高校物理(電磁気・熱・原子)p390-391


別冊は前作より問題数もページ数も増えて、演習量を増やせます。


宇宙一わかりやすい高校物理(電磁気・熱・原子)p20-21


本作もイラストは水谷さるころさんです。


『宇宙一わかりやすい』 シリーズはこれで5冊目!

毎回ゆるくてかわいい、クスッと笑えるネタを忍ばせて、

受験生を癒してくれています。


『宇宙一わかりやすい高校物理(力学・波動)』を買った人も、

「前作は買ってないけど、電磁気が苦手なんだよな」という人も、

力を伸ばしたいなら、この本が絶対おススメです!

手に取って見てみてくださいね。


『宇宙一わかりやすい高校物理(電磁気・熱・原子)』