編集部チョイス「おすすめの1曲」

レベル:

掲載楽譜 →

  • ぴあのどりーむ

  • おんがくドリル

  • ピアノの森

  • 丸子あかね先生の導入教材シリーズ

  • ピアノのほん

  • iPhone・iPad対応 どれみふぁむらのたんけんたい

  • ピティナ・ピアノステップ課題曲掲載楽譜

  • 運命と呼ばないで

Facebookに遊びに来てください!

松井美香先生の勇気づけのピアノレッスン座談会はこちら

Happy Lesson 特設ページ特設ページはこちら

・ココファングループ採用サイト


  • JASRAC許諾番号:S0904012063
  • 6月6日は楽器の日
  • 楽譜のコピーはやめましょう

丸子あかね先生の導入教材シリーズ

リズムの学習

充実したカリキュラム

「テキスト」で学習したことを「ワークブック」で確認し、「ドリル」で繰り返すことで、着実にリズムが身につきます。「音価→拍子→セットリズム」を0/4で学習した後、0/8につなげていきます。

パターンで学習

小さい単位の音価(1/2拍や1/4拍)を1拍以上のまとまり(=「セットリズム」で学習していきます。また常に拍を「くさの字」で表すことを繰り返し、リズムの流れをスムーズに理解できるようにしていきます。

セットリズムくさの字

テキストワークブックリズムカード

第1巻
動画をみる

第2巻
動画をみる

第3巻
動画をみる

第4巻
動画をみる

第5巻
動画をみる

リズムカード

※全巻のカリキュラムに対応しています。

リズムのほん 1リズムのほん1 ワークブック

ふろくつき

リズムのほん2リズムのほん2 ワークブック

 

 

リズムのほん3リズムのほん3 ワークブック

 

リズムのほん4リズムのほん4 ワークブック

 

リズムのほん5リズムのほん5 ワークブック

ふろくつき

ふろくつき

前のページへ戻る

「リズムのほん」の指針

  • 音符と休符には名前をつけて! とにかく楽しく学ぶ!
  • 音符と休符ひとつひとつに親しみやすい名前をつけます。お友だちと遊ぶように、楽しく学ぶことができます。また2巻までは、 =りんご1つのように、りんごを使って音符の長さ(音価)を学びます。

    ◆あかねピアノ教室の例◆

    • =くろぼうちゃん
    • まるぼうちゃん
    • =うんちゃん
    • ひげぼうちゃん
    • =うちゃん
    • まるてんぼうちゃん
    • まるちゃん
    • …など
  • からだを使って「両手うち」! リズムがすばやく身につく!
  • リズムを声に出して言いながら「両手うち」をすることで、音価をからだで覚えます。
  • ピアノの演奏にスムーズにつながる! 魔法の「拍子うち」!(2巻以降)
  • 「拍子うち」をすることで、両手演奏の感覚がすばやく身につきます。
  • くさの字」で、リズムや拍子の理解がますます深まる!(2巻以降)
  • 「たたく」、「声に出す」ことに加え、「くさの字」を使うことで、リズムや拍子に対する理解がますます深まります。
  • セットリズム」で、むずかしいリズムや拍子も自然に身につく!
  • セットリズム」を学ぶことで、むずかしいリズムや拍子が自然に身につきます。

前のページへ戻る

「リズムのほん」で使用する用語解説

本書で使われている用語につきまして、以下をご参照ください。

  • 両手うち
  • 音価の導入学習です。課題のリズムを、声に出していながら、両手を使ってたたきます。
    動画をみる
  • 拍子うち(2巻以降)
  • 机などの台や、自分の膝の上で行います。きき手にかかわらず、左手で拍をきざみ、右手で課題のリズムをたたきます。「拍子うち」は両手それぞれの動きが違うため、ピアノ演奏への導入にも大きな効果があります。4巻以降(6/83/8)では、左手は強拍・中強拍をパー、弱拍をグーできざみます。
    動画をみる
  • くさの字(2巻以降)
  • 音価やリズムが複雑になり、りんごで表しきれなくなる頃から使います。1拍=で、2拍=で表し、1/2拍=またはで表します。くさの字を「書く」ことでリズムが記号化され、音価やリズムの流れがさらにつかみやすくなります。
  • セットリズム
  • このシリーズでは、音価を単独で覚えるのではなく、かならず1拍以上の単位で認識するようにしています(例えばを覚える際にはを覚える際にはなど)。また、「セットリズム」の中で、2つ以上の旗()を連桁()で結ぶことを、わかりやすく「手つなぎ」と表現しています。

本シリーズの「読み方」「たたき方」などは、「あかねピアノ教室」での指導法をご紹介しています。

前のページへ戻る

おんぷの学習

大譜表で学習

大譜表を使って音符を学習していきます。大譜表で学習することで、広い範囲の音域も瞬時に読む力がつき、ト音譜表・ヘ音譜表の違いにとまどうことなく、スムーズに譜読みができるようになります。

グループで学習

主要な25個の音符を、「線」の音符のグループと、「間」の音符のグループに分けて覚えていきます。かたまりで覚えることで、グループ内での位置、大譜表内での位置を、効率よくつかむことができます。

「線」の音譜「間」の音譜

前のページへ戻る

けんばんの学習

“おやま”で学習

ピアノの鍵盤を「2つのおやま」のグループと「3つのおやま」のグループに分けて学習していきます。グループに分けて繰り返し学習することで、瞬時に音の位置を把握することができるようになります。

2つのおやま 3つのおやま

さまざまな音域にふれる

ピアノは低い音から高い音まで広い音域が出せる楽器です。導入期は真ん中の音域での演奏が中心になりがちですが、このシリーズでは、できるだけたくさんの音域に触れ、ピアノの楽しさを体験していきます。

前のページへ戻る

繰り返し学習

繰り返し学習し、基本をしっかりと身につけます。ドリルは1回1枚のはぎとり式。その都度、達成感が得られ、子どもたちのやる気が継続していきます。

前のページへ戻る

まとめの学習

これまで別々に学習してきた「リズム」「おんぷ」、2つの要素を同時に読み、「けんばん」に触れて音にする練習を重ね、譜読みのために必要な力をつけていきます。

前のページへ戻る

このページのトップへ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd. 無断複製・転写を禁ず