編集部チョイス「おすすめの1曲」

レベル:

掲載楽譜 →

  • ぴあのどりーむ

  • おんがくドリル

  • ピアノの森

  • 丸子あかね先生の導入教材シリーズ

  • ピアノのほん

  • iPhone・iPad対応 どれみふぁむらのたんけんたい

  • ピティナ・ピアノステップ課題曲掲載楽譜

  • 運命と呼ばないで

Facebookに遊びに来てください!

松井美香先生の勇気づけのピアノレッスン座談会はこちら

Happy Lesson 特設ページ特設ページはこちら

キッズ・ミート・ミュージック! 企画のご案内

・ココファングループ採用サイト


  • JASRAC許諾番号:S0904012063
  • 6月6日は楽器の日
  • 楽譜のコピーはやめましょう

ピアノ指導者向けセミナー

丸子あかね先生のセミナーはコチラ

セミナープログラム

青島広志 先生

青島流! やさしい小品を弾く極意

やさしい小品だからこそ味わえるピアノ演奏の醍醐味!アナリーゼや曲の成り立ちなどと合わせ、
初級者のためのレッスン方法を楽しく伝授いたします。

バイエル、ブルクミュラー

  • 使い方を工夫して『教則本』以上の活用を
  • バイエル
    ドイツ音楽の醍醐味を味わいながら骨組みを学ぶ
  • ブルクミュラー
    ドイツ・ロマン派のエッセンスと、フランス・サロン風のエスプリが詰まった珠玉の名曲集

ロマン派以降編

  • 個性豊かな曲集の数々〜特徴と演奏のポイント
  • シューマン:子どものためのアルバム
  • チャイコフスキー:子どものためのアルバム
  • ハチャトゥリアン:少年時代の画集
  • ギロック:ロマン派様式による抒情小曲集…ほか
鵜﨑庚一 先生

アナリーゼの技法~ “ かたち” の理解のために~

より良い演奏表現、または音楽体験のために必要な基礎能力を“音楽体力”と名づけるなら、その体力づくりにはアナリーゼ=楽曲分析が必須です。
難解で取り組みにくい作業ですが、同時に、謎を解きほぐすサスペンスフルな魅力にあふれています。
「アナリーゼの技法」独自の画期的な“チャート”は、分析がビジュアル的で明快ですので、即、実践的な作業が可能になります。
このセミナーでは、ピアノ学習者に必須の「バッハ/インヴェンション」「バッハ/シンフォニア」「ソナチネ・アルバムⅠ」「ショパン/ワルツ」を題材とし、指導に、そして演奏に生かせるアナリーゼを体感することができます。
絡まった糸が一瞬で解けるようなアナリーゼの醍醐味を味わい、魅惑の扉を開いてみませんか。

バッハ/インヴェンション

例:[3回連続]

  • 《第1回》アナリーゼの手順・第1番・第3番
  • 《第2回》第4番・第5番・第9番
  • 《第3回》第11番・第14番・第15番

バッハ/シンフォニア

例:[3回連続]

  • 《第1回》アナリーゼの手順・第1番・第3番
  • 《第2回》第4番・第5番・第7番
  • 《第3回》第9番・第14番・第15番

ソナチネ・アルバムⅠ

    例:[1回のみ]

  • 《クレメンティ&クーラウ》
     クレメンティ:ソナチネ Op.36-3
     クーラウ:ソナチネ Op.55-1
  • [1回のみ]《クレメンティ&モーツァルト》
    アナリーゼの手順
    クレメンティ:ソナチネ Op.36-3
    モーツァルト:ソナタ KV.545
  • [1回のみ]《モーツァルト&ベートーヴェン》
    アナリーゼの手順
    モーツァルト:ソナタ KV.545
    ベートーヴェン:ソナタ Op.49-2

ショパン/ワルツ選

例:[3回連続]

  • 《第1回》アナリーゼの手順・Op.18 “華麗なる大円舞曲”
  • 《第2回》Op.34-2
  • 《第3回》Op.42
江崎光世 先生

ソナチネを魅力的に演奏するために

タイトルや歌詞がなく、イメージを描きにくい「ソナチネ」は、どのように取り組めばよいのでしょうか?
どのように導けば、古典派のシンボルといえる“ソナタ形式”の理想的な演奏に近づけられるのでしょうか?
近年「ソナチネ」のテキストの新刊やリニューアルが各社から相次いでいますが、その多くにアナリーゼ(楽曲分析)のためのヒントが解説されています。これらのテキストを、生徒の年齢や進度に合わせて上手に活用するには、どうしたらよいでしょうか?
「ソナチネ」をさらに魅力的に演奏でき

  • 「ソナチネ」の時代背景を知る
  • 「ソナチネ」導入の準備/生徒の個性に合わせたテキストの選び方
  • 楽譜の読み方の指導法
  • 音型とタッチの選び方
  • 「ソナチネ」の形式と構造の美しさを理解するための指導法
  • ワンランク上の音楽的な表現力=室内楽、アンサンブルを活用する指導 ―耳・指・そして考える頭のつくりかた―
久元祐子 先生

楽器からアプローチする演奏法モーツァルトとヴァルター・ピアノ

  • 演奏への提言――その生涯と鍵盤楽器
    (鍵盤楽器の変遷~プレ・モーツァルトとポスト・モーツァルト
    ヴァルター・ピアノ~モーツァルトが魅せられたウィーンの楽器)
    モーツァルトを弾く
    楽譜について、演奏への提言

《 曲目 》
ピアノ・ソナタ 変ロ長調 K.333 /ロンド イ短調 K.511 /ピアノ・ソナタ ハ長調 K.545

楽器からアプローチする演奏法ショパンとプレイエル・ピアノ

  • ショパンとピアノ―ピアノ百花繚乱~名器の時代
    プレイエル・ピアノ~ショパンの創作活動を支えた愛器
    ショパンを弾く―演奏への提言

《 曲目 》
ノクターンOp.15-2嬰へ長調/前奏曲Op.28第7番イ長調/前奏曲Op.28第15番「雨だれ」変ニ長調/ピアノ・ソナタ第2番Op.35変ロ短調第3楽章「葬送行進曲」/マズルカイ短調Op.59-1/ワルツOp.64-1「小犬」変ニ長調/ワルツWN47「別れ」変イ長調/即興曲Op.posth「幻想即興曲」嬰ハ短調/練習曲Op.10第12番「革命」ハ短調

バジル・クリッツァー 先生

バジル先生のココロとカラダの相談室今すぐできる よくわかる アレクサンダー・テクニーク

アレクサンダー・テクニークとは
欧米のジュリアード音楽院など、有名な音楽学校では必ず教えられる「心と身体の演奏法」に関するメソッド(方法)で、「心と身体の緊張」を大きく改善するのにとても効果的なものです。

楽器演奏 実践! 演奏がどんどん良くなる練習方法

今の演奏は、実力? まぐれ?… 演奏がうまくいかなくなってしまう傾向、奇跡のように連鎖的にうまくいく傾向、どちらもわたしたちが「備えている」もの。実際に「どんどん良くなる」傾向を自らの意志で促す練習方法を体感できます。

  • こんなことで悩んでいませんか?
    ・高い音が出ない
    ・大きな音が出ない
    ・息が長く続かない
    ・タンギングがニガテ
    ・指が思い通りに動かない
    心配しなくても大丈夫。うまくなるヒントをお伝えします。

メンタルガイド 吹奏楽部活動での悩みを持つ皆さんのための相談室

あがり、緊張といった演奏上での様々なメンタルな不安解消について取り上げるとともに、日常の部活に共通する指導や部内の人間関係を原因とした中学生や高校生の皆さんの悩みにもこたえていきます。

  • こんなことで悩んでいませんか?
    ・ドキドキしてうまくいかない
    ・失敗したらどうしようかと不安になる
    ・先生や先輩・後輩とうまくいかない
    アナタはたくさんの能力を持っている。できないことがあっても、いいんです!

吹奏楽指導 脱・根性論!吹奏楽指導でHAPPY に!

生徒や後輩の成長と幸福を心から願っている吹奏楽部顧問の先生方や先輩の皆さん、音楽指導者の方々、楽器の先生方が、もっと自由にクリエイティブに「教える」ことができるよう、サポートいたします。

  • こんなことで悩んでいませんか?
    ・自分の教えていることに自信がもてない
    ・指導していて、イライラしてしまう
    ・「できない」のに「教える」ことができるのか
    ・「ダメ出し」しない練習法って?
    やる気があるなら、大丈夫。伸ばし、育てる指導のポイントをお伝えします!

4期・時代別指導法

時代の空気を感じる! 〜豊かな演奏表現のために〜

  • 4期とは
  • 演奏や様式の違いを学ぶこと
  • 初心者からの導入
  • 時代別曲集を生かすレッスンとは
  • 演奏から感じ取る4期

バロック時代を知る 〜鍵盤楽器の歴史から曲を読みとく〜

  • バロック時代のさまざまな鍵盤楽器
    ~オルガン、チェンバロ、クラヴィコード、フォルテピアノなど~
  • さまざまな鍵盤楽器の特徴を生かした奏法を考える
    ~強弱、フレージング、トリルなど~
  • バロック時代の舞曲
  • 舞曲のリズムや雰囲気を生かした演奏法とは
    ~メヌエット、パスピエ、ガヴォットなど~

よりふさわしい奏法をめざして 〜ロマン派の作品解釈と演奏〜

  • バロック、クラシック、そしてロマン派へ…
  • 19世紀のピアノ
  • ロマン派作品の解釈
  • ふさわしい奏法をめざして

《 演奏曲目 》
プレリュード イ長調(ショパン)、ワルツ 変イ長調(ブラームス)、ベニスの舟歌〜「無言歌集 第2巻」より(メンデルスゾーン)、トロイメライ〜「子どもの情景」より(シューマン)ほか。 全15曲

近現代作品の弾きどころ!聴かせどころ!

  • 作曲家の個性を見きわめる
  • 「響き」と「リズム」の表現がポイント
  • 邦人作品の魅力

このページのトップへ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd. 無断複製・転写を禁ず