編集部チョイス「おすすめの1曲」

レベル:

掲載楽譜 →

  • ぴあのどりーむ

  • おんがくドリル

  • ピアノの森

  • 丸子あかね先生の導入教材シリーズ

  • ピアノのほん

  • iPhone・iPad対応 どれみふぁむらのたんけんたい

  • ピティナ・ピアノステップ課題曲掲載楽譜

  • 運命と呼ばないで

Facebookに遊びに来てください!

松井美香先生の勇気づけのピアノレッスン座談会はこちら

Happy Lesson 特設ページ特設ページはこちら

・ココファングループ採用サイト


  • JASRAC許諾番号:S0904012063
  • 6月6日は楽器の日
  • 楽譜のコピーはやめましょう

おんがく通信TOP

今月のあかね先生

あかね先生のレッスンルーム

2月

にじいろコラム Part 2

『発表会ピアノ曲集にじいろのおくりもの』の中身や、編集作業の舞台裏などをご紹介する本コーナー。Part2では、本書の制作に関わる方々をご紹介します。

~『にじいろのおくりもの』の制作に関わる人々~

イラストレーター/楽譜浄書/デザイナー/選・校訂者/製本所/編集者/印刷所

曲の選定と、子どもの手のことを考えて弾きやすく校訂を行ってくださるあかね先生。全体の進行管理と、関係者との直接のやりとりを行う編集者。美しく読みやすい楽譜を作るために、ミリ単位の世界で音符を調整をする楽譜浄書のオペレーターさん。
『にじいろのおくりもの』のイメージや世界観を創り上げるイラストレーターさん。楽譜、文字、イラストなどさまざまな要素をひとつのカタチにまとめあげるデザイナーさん。
作成した楽譜のデータを印刷する印刷所。仕上げの製本を行う製本所。制作に焦点を絞っても、1冊の楽譜を作るために、たくさんの人が関わっています。まだまだ数えきれないくらいたくさんの方々の力をお借りしていると思うと、担当(ゆ)は感謝の想いでいっぱいです。いずれ、ひとつひとつの役割をみなさんにもっと詳しく紹介できたらと思っております。どうぞ次回もお楽しみに♪

  • にじいろのおくりもの 1 導入から初級程度
  • にじいろのおくりもの 2 初級程度
  • 発表会ピアノ曲集
    にじいろのおくりもの 1 導入から初級程度

    発表会ピアノ曲集
    にじいろのおくりもの 2 初級程度

    ■各菊倍判/1巻:80頁・2巻:106頁/
     本体価格 1,600円(税別)

今月のセミナースケジュール

2/9(金):[埼玉県/川越]
ヤマノミュージックサロン川越 イベントスペース
『子どもが飽きない「リズム」のレッスン』<リズム・セミナー/導入編>
2/14(水):[愛知県/名古屋]ヤマハ名古屋ホール
『子どもが飽きない「リズム」のレッスン』<リズム・セミナー/導入編>
2/15(木):[愛知県/安城]ツルタ楽器 安城本店3F
『「譜読み」の基本を身につけるレッスン』
2/23(金):[滋賀県/大津]栗東芸術文化会館 さきら 小ホール
『ピアノ・テクニックのレッスン法~譜読みの基本を身につけ、初歩から
すてきな音をならしましょう~』<テクニック・セミナー/特別編>

 

バックナンバー

2018   1月  

2017   1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月   12月

2016   1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月  12月

2015   1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月  12月

2014   1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月  12月

2013    1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月  12月

2012    1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月  12月

2011    5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月  12月

1月

言ったことがなかなか生徒に伝わりません。きちんと話を聞き、頭に入れてもらうためには、どうすればよいでしょうか?

あかね先生の回答

「なぜこんなことが分からないの?」「私の話、きいているの?」、私自身もよくそういう経験をしています。これは、指導者が分かるように伝えていないからなのです。言葉の使い方の問題だったり、子どもひとりひとりをしっかり見ていなかったり、ということなのでしょう。相変わらず私自身、日々勉強ですが、まず子どもとたくさん話をして、どのような言葉に反応するのか、興味があるものは何なのか、などを知るようにしています。また、小さな子どもは動くことが好きなので、椅子に座る時間を短くするようなレッスンの内容をいくつか考えて、私の話に集中する時間を少しでも多くするような工夫をしています。

相手に変わってほしいと思ったときは、まずは自分が変わることが大切なのですね! 生徒さんとたくさんお話をして、ひとりひとりに合ったアプローチ方法や言葉かけを考える……簡単なことではありませんが、きっとその努力は実を結ぶはずです!(ゆ)

全国の楽器店で無料配布中!!

はじめてのテクニックピアノのほんシリーズ発売中

今月のセミナースケジュール

1/22(月):[愛知県/名古屋]ヤマハ名古屋ホール
『楽しくおぼえる「おんぷ」と「けんばん」のレッスン』

このページのトップへ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd. 無断複製・転写を禁ず