編集部チョイス「おすすめの1曲」

レベル:

掲載楽譜 →

  • ぴあのどりーむ

  • おんがくドリル

  • ピアノの森

  • 丸子あかね先生の導入教材シリーズ

  • ピアノのほん

  • iPhone・iPad対応 どれみふぁむらのたんけんたい

  • ピティナ・ピアノステップ課題曲掲載楽譜

  • 運命と呼ばないで

Facebookに遊びに来てください!

楽譜・音楽祭祭り2017

松井美香先生の勇気づけのピアノレッスン座談会はこちら

Happy Lesson 特設ページ特設ページはこちら

・ココファングループ採用サイト


  • JASRAC許諾番号:S0904012063
  • 6月6日は楽器の日
  • 楽譜のコピーはやめましょう

おんがく通信TOP

7月

特集1 読んでから聴く? 聴いてから読む?『蜜蜂と遠雷』(恩田 陸著/ 幻冬舎)

皆さまは、すでにお読みでしょうか?今年、第156回直木三十五賞と2017年本屋大賞をW受賞した恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎刊)を。
出版社サイトの説明によると、構想12年、取材11年、執筆7年…という恩田さん渾身の作品。国際ピアノコンクールを舞台に、才能あふれる4人のコンテスタントたち(風間塵、栄伝亜夜、マサル・カルロス・レヴィ・アナトール、高島明石)それぞれの人生、才能、音楽がぶつかり合い、時に混ざり合う、物語そのものが音楽といえるような1冊です。
第1次予選からファイナルに至るコンサートの模様が語られるわけですから、曲を聴いてみたくなるのは必然そんな読者の希望に沿った3つのコラボ企画が登場したので今回はそれをご紹介しようと思います。

*6月1日現在 *いずれも、菱沼忠明 作曲「春と修羅」をのぞく

①『蜜蜂と遠雷 音楽集』紙面の関係で、19曲厳選の①の内容をご参考までに文末でご紹介!

登場する楽曲から物語の核となる19曲を厳選
CD2 枚[NAXOS:NYCC-27303/4]:2,000円+税/ハイレゾ配信:2,980円(税込)
通常音質配信:1,500円(税込)

URL:http://naxos.jp/news/NYCC-27303-4

②『蜜蜂と遠雷』ピアノ全集[ 完全盤]*6月28日CD発売

4人のコンクール演奏曲(全51曲・129トラック)を、演奏者ごとにもれなく収録したアルバム
CD8枚[SML:SICC-2143~2150]:3,704円+税/デジタル配信:3,000円(税込)

URL:http://www.sonymusic.co.jp/artist/CompilationInt/info/481094

③「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」楽曲プレイリスト

恩田陸さん監修による、4人の登場人物のイメージに合った音と演奏がきける(全48曲)
「ナクソス・ミュージック・ライブラリー」の有料会員の方は全収録曲を無制限で。
有料会員でない方は、各トラックの冒頭30秒のみ、連続最大15分まで聴ける。

URL:http://ml.naxos.jp/news/617

ちなみに(く)は、第2次予選前夜、亜夜と塵による夜空の月を見ながらの即興演奏バトルのシーンが一番好きでした(音の再現はむずかしいですね)(く)

紙面の関係で、19曲厳選の①の内容をご参考までに。

●DISC1(第1次予選~第3次予選 演奏曲)

ショパン:
バラード第2番/高島明石(第1次)
リスト:
メフィスト・ワルツ第1番/ マサル・カルロス・レヴィ・アナトール(第1次)
バッハ:
平均律クラヴィーア曲集第1巻第1番/ 風間塵(第1次)
バラキレフ:
イスラメイ/風間塵(第1次)
ベートーヴェン:
ピアノ・ソナタ第26番「告別」第1楽章/ 栄伝亜夜(第1次)
ショパン:
練習曲「黒鍵」/高島明石(第1次)
ラフマニノフ:
練習曲集「音の絵」よりOp.39-6/ マサル・カルロス・レヴィ・アナトール(第2次)
リスト:
「2つの伝説」より「小鳥に説教するアッシジ の聖フランチェスコ」/風間塵(第2次)
ラヴェル:
ソナチネ第1楽章/栄伝亜夜(第2次)
バルトーク:
ピアノ・ソナタ第1楽章/ マサル・カルロス・レヴィ・アナトール(第3次)
サティ:
ジュ・トゥ・ヴ(あなたが欲しい)/ 風間塵(第3次)
メンデルスゾーン:
無言歌集第5巻「春の歌」/風間塵(第3次)
ドビュッシー:
喜びの島/栄伝亜夜(第3次)

●DISC2(ファイナル 演奏曲)

ラフマニノフ:
ピアノ協奏曲第3番第1楽章/キム・スジョン
ショパン:
ピアノ協奏曲第1番第2楽章/フレデリック・ドゥミ
プロコフィエフ:
ピアノ協奏曲第3番第1楽章/マサル・カルロス・レヴィ・アナトール
ラフマニノフ:
ピアノ協奏曲第2番第2楽章/チョ・ハンサン
バルトーク:
ピアノ協奏曲第3番第1楽章/風間塵
プロコフィエフ:
ピアノ協奏曲第2番第4楽章/栄伝亜夜

バックナンバー

2017   1月   2月   3月   4月   5月   6月  

2016   1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月   12月  

2015   1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月   12月  

2014   1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月   12月  

2013    1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月   12月  

2012    1月   2月   3月   4月   5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月   12月  

2011    5月   6月   7月   8月   9月   10月   11月   12月  

6月

留守keyってどんな人?

先月発売となった書籍『スラーヴァ!ロシア音楽物語』の著者、留守key。彼らはいったい何者なのか!?留守keyの紹介とともに、『スラーヴァ!ロシア音楽物語』ができあがるまでをチラッとお見せいたします!

■「留守key」とは?

作曲家創作漫画シリーズを同人誌にて発表し、音楽愛好家をはじめ広い読者層から好評を得ている2人組のサークルです。構成担当のぶの情熱的な解説と、作画担当あおのドラマティックかつ繊細な絵によって、数々の感動的なストーリーを生み出しています。
主な出版物に、新刊『スラーヴァ!ロシア音楽物語』のほか、音楽漫画『B(ベー)~ブラームス二十歳の旅路(全3巻)』(マンガボックス)、描き下ろし長編『三銃士』(学研マンガジュニア名作シリーズ)があります。そのほか販売中の同人誌は、下記サイトをぜひチェックしてみてください。

http://shop.comiczin.jp/products/list.php?category_id=3430

■『スラーヴァ!ロシア音楽物語』ができあがるまで…

グリンカの漫画「ロシアよ!」完成までをご紹介!


①原稿執筆(のぶ)


②ネーム作成(あお)
③下描き(あお)
④ペン入れ


⑤完成!

書籍発売に寄せて、留守key のお2人にコメントをいただきました!

[あおより]
長年続けてきた音楽家漫画を一冊にまとめていただき、とてもありがたく思います。作曲家達の曲に対する思いや熱意が、漫画で伝われば幸いです。

[のぶより]
留守keyの創作マンガは音楽入門書や解説書にはない作曲家たちの一面を描いてきました。この度の新刊本は私たちの自信作。この本でロシア音楽ファンを増やしたいと思います。

オーケストラの読みかた 改訂版

発売中!

スラーヴァ!ロシア音楽物語
グリンカからショスタコーヴィチへ

留守key 著

■A5判/口絵8頁+144頁/ 
■本体価格1,300 円(税別)

留守key

作画:あお(青山敬典)
〔Twitter〕@aoyamatakanori
構成:のぶ(舩渡正展)
〔Blog〕 http://rusukey.blog.jp
〔Facebook〕 https://www.facebook.com/russukey/

留守keyとは、「ロシアの」を意味するロシア語 русскийルスキー が元になっています!

COMITIAやコミックマーケットなどの同人誌即売会イベントで作曲家創作漫画の全作品を展示発表しています。ぜひ一度イベントへ遊びにきてください。読者のみなさまと音楽や漫画のお話などができることを、とても楽しみにしております!

このページのトップへ

5月

レッスンに役立つ!調性の話 黒田篤志

第3回 ~調号「♯1つ」~

今回は、調号「♯1つ」のト長調とホ短調の曲を比較しながら、調性についてお話しします。L.ケーラー(1820-1886)作曲〈わかれ〉、レオポルト・モーツァルト(1719-1787)作曲〈ブーレ〉をとりあげます。ケーラーはロマン派、レオポルト(ヴォルフガングの父)は古典派前期から中期の作曲家ですね。

■ト長調とホ短調の特徴

ト長調の曲は単純でコンパクトなもの、ホ短調の曲はやさしい哀愁を帯びたものが多いようです。基本的に曲が凝った作りになるほど調号は増え、♯が増えていく場合はテンションが高くなります。ほかの♯系の調性と比較しながら、「どっちのテンションが高い?」などと問いかけ、各調性のイメージを持ってもらいましょう。

■ピアノ以外の楽器の特性を踏まえよう

調性の雰囲気と楽器の特性には密接なかかわりがあります。たとえば、解放弦にg、e音を含むヴァイオリンやギターは、ト長調とホ短調だと響きやすく演奏も容易です。

レオポルトは、これらの楽器の響きをイメージして作曲したかもしれません。たとえば、「ギターっぽく弾いてみない?」と語りかけながら〈ブーレ〉を弾いてもらうのもおもしろいと思います。

■終止形に着目しよう

どんな調性の曲を弾く場合でも、形式上の区切りになる部分の終止形をよく見るようにしましょう。〈わかれ〉は二部形式で、それぞれ2つの部分からできていますので、4~5、9~10、13~14、18~19小節目の終止形に注目します。13~14小節目だけⅣ‐Ⅰで、あとはⅤ‐Ⅰです。「ここだけ和音のつながりがちがうね」と語りかけ、響きを工夫する土台を作ってあげましょう。〈ブーレ〉も同じように比較してみてください。

■3段目あたりの調性に着目しよう

音楽には「起承転結」の型があるのが一般的です。4段の曲ならば3段目あたりにドラマが待っていて、そこでは転調がしばしば起こります。とくに短調の場合は、平行調の長調に転調することが多いのです。〈ブーレ〉は9~10小節目がト長調に転調しています。「ホッとする感じに一瞬だけ変わった気がしない?」などの問いかけで、真逆である長調の場面に変わったことをしっかり感じてもらいましょう。

次回は調号「♭2つ」の曲を使って、調性のお話をします。

黒田篤志 くろだ・あつし

1973 年生まれ。早稲田大学修士課程修了。日本アマチュアピアノコンクール7位入賞。出版社にて楽譜と書籍の編集を担当。現在小山市で、大人のピアノ教室“Lento レント” を主宰するかたわら、フリーの編集者、ピアニストとして活動中。
http://ameblo.jp/pianote0519/

このページのトップへ

4月

レッスンに役立つ!調性の話 黒田篤志

第2回 ~調号なし~

今回は、調号のつかないハ長調とイ短調の曲を比較しながら、調性についてお話したいと思います。G.テレマン(1681-1767)作曲〈アレグロ〉、A.ディアベリ(1781-1858)作曲〈小人の踊り〉をとりあげます。テレマンはバロック時代、ディアベリは古典派後期からロマン派前期にかけて活躍した作曲家です。

■ハ長調とイ短調の特徴

バロック時代から古典派までは、調号の多い曲があまりありません。またハ長調やイ短調は、一般的にあまり複雑な音楽を感じさせませんし、臨時記号がつく音だけ黒鍵を使えばよいので、弾きやすいと思います。まず、「なにもついていないね」と語りかけながら一緒に調号を確認し、「♯、♭はどこにあるかな」と問いかけて、臨時記号のついている音も探してみましょう。

■臨時記号に注目!

臨時記号が多いところは、転調の目印になります。〈アレグロ〉では6小節目から♯が登場し、一瞬、属調であるト長調に変化します。基本的に転調は♯が増える方向に進みます。
短調の場合、臨時記号は終止の目印にもなります。〈小人の踊り〉の7~8小節目と16小節目は、全終止と半終止です。全終止はⅤ-Ⅰ、半終止はⅤで区切られる終止形。「終わった感じがしない?」と問いかけてみましょう。転調や終止形に注目すると形式もわかります。〈アレグロ〉は2部形式、〈小人の踊り〉は3部形式です。各部分を対照的に表現すれば起伏に富んだ演奏ができます。

■楽典のおさらいは....

転調の基本ルールは「五度圏」です。主音は「ド-ソ-レ-ラ-ミ-シ」の順番になります。
終止は、ほかにⅤ-Ⅵの偽終止、Ⅳ-Ⅰの変終止があります。....復習し「4つの終止形」をよく覚えてください。短音階には「自然」「和声」「旋律」の3つがありましたね。♯がつくのは、主音のひとつ下の音を半音上げて導音にするから。Ⅴの和音があるところには導音が必要なので、終止の部分に♯が増えるというわけです。
曲を弾いていて「転調」「終止」「短音階」など気になることが出てきたら、辞典や理論書で調べましょう。なにかの....サクッとやるのが勉強のコツです。

■細かく和音を感じよう

〈アレグロ〉の第1部はⅠ-Ⅳ-Ⅰ-Ⅴ-Ⅰです。基本の3和音が登場するので安定感がありますね。第2部からはⅤ-Ⅰが2小節ごとに繰り返されます。「少しずつ迫ってくる感じがしない?」などの問いかけで、pからはじめて盛り上げていく演奏を促しましょう。
〈小人の踊り〉の第1、2部には、Ⅳ-Ⅰが2回登場したあとⅤ-Ⅰが続く部分があります。第2部は平行調のハ長調に転調しているのに、和音の流れは同じになっているのです。和音がわからなくても構わないので、「違う音だけど同じようなリズムを感じない?」と問いかけてみてください。和音の流れのなかに特徴的なリズムを感じることができると、躍動感のある演奏になります。和音の流れが作り出すリズムを「和声リズム」といいます。

 

次回は調号♯ひとつの曲を使って、調性のお話をします。

黒田篤志 くろだ・あつし

1973 年生まれ。早稲田大学修士課程修了。日本アマチュアピアノコンクール7位入賞。出版社にて楽譜と書籍の編集を担当。現在小山市で、大人のピアノ教室“Lento レント” を主宰するかたわら、フリーの編集者、ピアニストとして活動中。
http://ameblo.jp/pianote0519/

このページのトップへ

3月

レッスンに役立つ!調性の話 黒田篤志

第1回 ~調性感を身につけよう!~

調性ってなんだかむずかしいと思いませんか?曲のタイトルにハ長調などと書かれている理由がわからない、♯や♭がたくさんあると譜読みが大変で弾きにくい、どこから転調しているのかわからない、生徒さんにうまく説明できない……。悩みはつきませんが、「もう少し調性を詳しく知って指導に生かしたい」という方も多いと思います。そこで今回から6回、調性感を身につける「メリット」、身につけるための「簡単な理論」、身につけさせるための「指導のポイント」の3つの視点で、ピアノ演奏やレッスンに役立つ調性のお話をしたいと思います。

メリット―
表現力アップ
メリットはズバリ表現力がアップすること。理由は次の3つです。
調性に敏感になる耳を養うと、感覚と感情が研ぎ澄まされ、曲のイメージを豊かに描く想像力が向上します。
調性がわかれば和音の流れが把握できるようになり、曲のストーリーが思い描けます。すると起伏に富んだ演奏をするための構成力が向上します。
調性音楽には時代ごとの特徴があります。また作曲家ごとに使い方のクセがありますし、調性固有の性質もあるようです。曲の特徴がわかれば、演奏の説得力が向上します。
簡単な理論―
楽典のおさら
調性は音楽に欠かせないものなので、楽典にもよく登場します。理論がわかるとスッキリすることも多いはず。楽典のおさらいにも役立つのではないでしょうか。
たとえば、音楽の3要素のひとつである「ハーモニー」は調性に欠かせません。「音名」を覚えれば調の名前がわかります。「階名」を知り「音階」のニュアンスが長調と短調でつかめれば「調号」も理解できるようになります。さらに、「和音の機能」や「カデンツ」などは調性を示す重要な役割を担っています。
指導のポイント―
問いかけ
これらを踏まえたピアノ演奏を生徒さんに伝えるには、音の感じ方、鍵盤とのリンク、技術的な課題などクリアしたいことが盛りだくさんです。
今回の連載では、生徒さんへの「問いかけ」を中心に指導のポイントをご紹介します。調性にかんする「問いかけ」を適度に投げかけることrで、的確かつ迅速に調性感を身につけてもらうことがねらいです。そして最終的には、理想的にレッスンを進めるためのオリジナル「問いかけ」集を作ってみてください。そのヒントになることを願っています。
次回からは、曲を用いてお話します。

黒田篤志 くろだ・あつし

1973 年生まれ。早稲田大学修士課程修了。日本アマチュアピアノコンクール7位入賞。出版社にて楽譜と書籍の編集を担当。現在小山市で、大人のピアノ教室“Lento レント” を主宰するかたわら、フリーの編集者、ピアニストとして活動中。
http://ameblo.jp/pianote0519/

このページのトップへ

2月

池辺晋一郎著「オーケストラの読みかた~スコア・リーディング入門」が、装いも新たに改訂版として登場!

そもそも、なぜスコア・リーディングなのか。
スコア上の音符やいろいろな記号には、作曲家の思いが詰まっている!それを読み解くにはスコア分析が欠かせない。指揮者はもちろんのこと、オーケストラや吹奏楽の演奏者ひとりひとりも、スコアを読むことで曲の中での自分の役割が見えてくるのだ。…というのは、かなり専門的に音楽に関わる人たちに向けたお話。
この本は、“クラシック音楽大好き!!”な人向けに、スコア・リーディングの入り口を、池辺先生が分かりやすく解説したもの。これまでの音楽の聴き方でも十分楽しいのだけれど、ちょっとスコアを手に聴いてみよう! 細かい音符が読めなくても、曲の形が見えてくるだけで新たな世界が開けるはず!(く)

「スコアを見ながらCDを聴く⇒聴く歓びが倍増!そんな本を書いてみました」(by 池辺)

オーケストラの読みかた 改訂版

オーケストラの読みかた 改訂版
スコア・リーディング入門  著:池辺晋一郎

■B5変/144頁/CD付き/ 
■本体価格1,600円(税別)

このページのトップへ

1月

2017年はジャズ・レコード100年

聴くも良し!弾くも良し!歴史をひもとくも良し!
ジャズの楽しみ方もさまざまです。
最近はデジタル配信の普及で、聴く醍醐味のひとつ、カバーの「聴き比べ」がとても手軽にでき
るようになりました。
今年をきっかけにジャズを聴いてみよう…という方のために、一例をご紹介いたします。
曲は、皆さまよくご存知の「マイ・フェイバリット・シングス」。
JR東海のCMでおなじみです。この曲を「聴き比べ」てみてください!
原曲は、映画「サウンド・オブ・ミュージック」の挿入歌(曲:リチャード・ロジャース 詞:オス
カー・ハマースタインⅡ世)。雷に怯える子供たちの前で、ジュリー・アンドリュース扮する家庭
教師のマリアが歌います。(こちらは映画をCheck!!)

Check1 名盤中の名盤!

アルバム名:My Favorite Things(1961年)
ジョン・コルトレーン(ソプラノ・サックス)
マッコイ・タイナー(ピアノ)/スティーヴ・デイヴィス(ベース)/
エルヴィン・ジョーンズ(ドラム)

Check2 ジャズ・ヴォーカルの女王!

アルバム名:After Hours(1961年)
サラ・ヴォーン(ヴォーカル)
マンデル・ロウ(ギター)/
ジョージ・デュヴィヴィエ(ベース)

Check3 シングルノートのギターがあたたかい

アルバム名:Matador(1964年)
グラント・グリーン(ギター)
マッコイ・タイナー(ピアノ)/ボブ・クランショー(ベース)/
エルヴィン・ジョーンズ(ドラム)

1987年頃

アメリカのニューオリンズでジャズが生ま れる(ジャズという名称はまだない)

1917年

ジャズの中心が、ニューオリンズからシカゴ に移る。「オリジナル・ディキシーランド・ジャズ・バンド(O.D.J.B.)が、ジャズ・レコード1号を録音。この頃から、ジャズという名称が生まれる。(『O.D.J.B』で検索!YouTubeで音が聴けます!!)

2017年

ブギウギ・ピアノからノラ・ジョーンズ最新作まで!
なぜブルーノートだけが歩みを止めなかったのか?
今初めて語られる名門ジャズ・レーベルの真実の通史。

名曲・名盤のブルーノート物語
最強のジャズ100年史  編著:行方 均

ジャズ・レコード100年。1939年の創立以来、その中枢と先端を刻んできたブルーノート通史の決定版。豊富盤432の解説、カラー版ベスト50選、詳細年表なども加えた大名門レーベルの全貌。
■B5判/272頁/本体価格3,000円(税別)

このページのトップへ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd. 無断複製・転写を禁ず