編集部チョイス「おすすめの1曲」

レベル:

掲載楽譜 →

  • ぴあのどりーむ

  • おんがくドリル

  • ピアノの森

  • 丸子あかね先生の導入教材シリーズ

  • ピアノのほん

  • iPhone・iPad対応 どれみふぁむらのたんけんたい

  • ピティナ・ピアノステップ課題曲掲載楽譜

  • 運命と呼ばないで

Facebookに遊びに来てください!

松井美香先生の勇気づけのピアノレッスン座談会はこちら

Happy Lesson 特設ページ特設ページはこちら

・ココファングループ採用サイト


  • JASRAC許諾番号:S0904012063
  • 6月6日は楽器の日
  • 楽譜のコピーはやめましょう

ピアノ指導者向けセミナー

丸子あかね先生のセミナーはコチラ

講師紹介

青島広志 先生
  • ピアノを教えている人――私もその一人ですが――は、余程努力しないと、自分の技術は上がりにくいものです。もっとはっきり言えば、今以上に上手くなることはありえないのです。残念ながら…。そんな努力をするよりは、少しでも音楽上の知識を深めることに気を配ってください。そうすれば生徒さんはあなたを尊敬するでしょう。また、演奏が上手くいかないのなら、誰かと組めばいいのです。この場合、ピアノには元来不向きな「歌う」楽器と組むこと、いっそのこと声楽とのアンサンブルの技術をみがくのがいいでしょう。
    こうした意味で、私の2つのセミナーを体験されることで、先生が最高に尊敬される存在になること間違いなしです。みなさまにお会いできるのを楽しみにしています!!

1955年東京生まれ。東京藝術大学および大学院修士課程を首席で修了。オペラ「火の鳥」(原作:手塚治虫)、「黒蜥蜴」(原作:三島由紀夫)、管弦楽曲「その後のピーターと狼」、合唱曲「マザーグースの歌」、ミュージカル「11ぴきのネコ」など、作曲数は200曲以上に及ぶ。ピアニスト・指揮者としての活動のほか、最近ではコンサートやイベントのプロデュースも数多くこなしている。
テレビ朝日「題名のない音楽会」(ブレーン・アドバイザー)、日本テレビ「世界一受けたい授業」、NHKラジオ「高校音楽講座」やTBSラジオ「こども電話相談室」など、テレビやラジオでも活躍中。
東京藝術大学、洗足学園音楽大学客員教授。日本現代音楽協会、作曲家協議会、東京室内歌劇場会員

著書

『モーツァルトに会いたくて』『楽器のおはなし』『あなたも弾ける!ピアノ曲ガイド』『ヨーロッパの忘れもの』『ブルー・アイランド版 音楽辞典』『ブルー・アイランド先生の音楽教室 クラシックの時間ですよ!』(学研プラス)、『やさしくわかる楽典』(日本実業出版社)、『作曲ノススメ』(音楽之友社)、『名作オペラシリーズ』(全65巻、デアゴスティーニ)、『音楽家をめざす人へ』(ちくまプリマー新書)、『究極の楽典』(全音楽譜出版社)など

セミナー内容

青島流!やさしい小品を弾く極意

バイエル、ブルクミュラー編
ロマン派以降編

鵜﨑庚一 先生
  • 満天の無数の星は、一つ一つ素晴らしい輝きを持っています。先人は、その幾つかを把握するために、姿形として捉えて理解する知恵を持ちました。音楽においてもまた、高さを持つ一つ一つの音を把握するために、音型という、いわば鋳型とも言うべき“かたち”をもって理解しました。この“かたち”は、まさに音楽作品の原点であり、この原点の理解無くして、表現手段の多彩な作品群のより深い理解はあり得ないと思います。
    音楽の持つさまざまな“かたち”を理解し、変化を知る。そのことによって、分析も深まり、音楽の素晴らしさをより深く感じることができます。“アナリーゼ”とはすなわちこの原点への理解であり、「手順」を踏んだアナリーゼの作業からは、音楽の面白さへの興味が尽きることなく感じられるでしょう。

作曲家。東京生まれ。東京藝術大学音楽学部作曲科卒業。池内友次郎、島岡譲、矢代秋雄各氏に師事。作曲理論を学ぶためフランス国立パリ高等音楽院へ留学。一等賞首席(フーガ)。トニー・オーバン、ノエル・ギャロン、マルセル・ビッチュ各氏に師事。国立音楽大学および大学院教授、大学院委員長、武蔵野音楽大学講師、お茶の水女子大学講師を歴任。
現在、国立音楽大学名誉教授、日本作曲家協議会会員、日本音楽著作権協会会員。全日本おかあさんコーラス東京支部大会、府中市民合唱祭等の講評者、アナリーゼ・セミナー「トレーニング・オブ・アナリーゼ」(東京・横浜・千葉・茨城・長野・福岡)講師。

セミナー内容

アナリーゼの技法 ~“ かたち”の理解のために~

バッハ/インヴェンション
バッハ/シンフォニア
ソナチネ・アルバムⅠ
ショパン/ワルツ選
シューマン/子供の情景

江崎光世 先生
  • ピアノ学習は楽しく創造的なものでありたい…。これは私たちピアノ教師の願いであり、また同時に悩みでもあります。刺激にあふれた現代、ピアノ・レッスンにもバラエティの豊かさが求められているのではないでしょうか。飽きのこない、魅力あるレッスンが、上達と長続きの秘訣なのだとするならば、ピアノ学習に必須の「ソナチネ・アルバム」へのアプローチを通じて、私たちピアノ教師が、そのためにどんな事を考え、なすべきなのか、生徒にどんなことをしてあげれば良いのか、ご一緒に考えてみませんか?

国立音楽大学卒業。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会理事、ピティナ・ピアノコンペティション課題曲選定委員長。
ピティナ・ピアノコンペティションで毎年多くの成績優秀者を輩出し、1996年最多指導者賞、1999年トヨタ指導者賞受賞。
特に連弾を取り入れたレッスンには定評があり、ピアノ・デュオ、室内楽、コンチェルトなどのアンサンブル指導の普及に取り組んでいる。また、毎年、課題曲公開レッスンや指導法セミナーに、講師として全国各地から招かれている。

セミナー内容

「ピアノ教師のためのセミナー」レッスンに彩りを!
飽きのこないレッスンのための一工夫

ソナチネを魅力的に演奏するために

久元祐子 先生
  • 作曲家のインスピレーションの元となったピアノのことを知ると、その作品に一歩近づくことができ、現代の楽器で演奏するとき大きな助けになります。
    このセミナーでは、作曲家とピアノという接点を切り口に、楽器から生まれた名曲をとりあげていきます。ご一緒に、作曲当時の香気を感じ、時代に想いを馳せてみようではありませんか。

東京藝術大学音楽学部(ピアノ専攻)を経て同大学大学院修士課程を修了。
1829年製ベーゼンドルファー、1843年製プレイエル、1868年製エラールなどを所蔵。それら歴史的楽器の演奏、録音、研究を通じてそれぞれの時代の中で作曲家が求めた響きと美学を追及する。音楽を多面的に捉えることを目指したレクチャー・リサイタルにも取り組み、朝日新聞・天声人語でも紹介される。
2011年ウィーンでのリサイタルは、オーストリアのピアノ専門誌の表紙を飾りベーゼンドルファー・アーティストの称号を受ける。2012年ならびに2014年にはイタリア国際モーツァルト音楽祭に招かれリサイタルを開催。その模様はイタリア全土に放映され好評を博す。
ショパン生誕200年記念年には、全国各地でプレイエルによる演奏会を行い、軽井沢・大賀ホールにおいて天皇、皇后両陛下ご臨席のもと御前演奏を行う。国立音楽大学90周年事業演奏会として行われた「歴史的ピアノが奏でる名曲の調べ」(2013年)、「黎明期のピアノ~パリ、ウィーン、ロンドンの名器たち~」(2014年)に出演。現在、モーツァルトのピアノ・ソナタ全曲演奏会を展開中。
ウィーン放送交響楽団、ウィーン・サロン・オーケストラ、ラトビア国立交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、ベルリン弦楽四重奏団など、国内外のオーケストラや合奏団と多数共演。
これまでに「ハイドンとモーツァルト」「青春のモーツァルト」「ベートーヴェン“テレーゼ”“ワルトシュタイン”」などCD12作をリリース。最新盤「優雅なるモーツァルト」(ALM)は、2014年秋に発見された自筆譜に基づくKV.331のピアノ・ソナタの演奏を収録した日本初のCDとしてレコード芸術「特選盤」、毎日新聞「特薦盤」に選ばれるなど高い評価を受ける。
著書に「モーツァルトとヴァルター・ピアノ」「ショパンとプレイエル・ピアノ」「リストとベーゼンドルファー・ピアノ」(学研プラス)、「モーツァルトのピアノ音楽研究」(音楽之友社)、「原典版で弾きたい!モーツァルトのピアノ・ソナタ」(アルテスパブリッシング)など。
毎日21世紀賞特選受賞。国立音楽大学教授。

久元 祐子ウェブサイト

セミナー内容

楽器からアプローチする演奏法

モーツァルトとヴァルター・ピアノ
ショパンとプレイエル・ピアノ
リストとベーゼンドルファー・ピアノ

バジル・クリッツァー 先生
  • こんなことで悩んでいませんか?

    ◎演奏や練習のときだけの

     変な痛み・不快感・緊張に悩んでいませんか?

    ◎ずっと同じ技術的な問題に悩まされて、
     不安で焦っていませんか?

    ◎練習量・気合・根性でカバーすることに
     疲れていませんか?

    ◎先生とうまくいかなくて困っていませんか?

沖縄県立芸術大学非常勤講師。尚美ミュージックカレッジ特別講師。
Body Chance所属アレクサンダー・テクニーク講師。
香港生まれ京都育ちのアメリカ人。
エッセン・フォルクヴァング芸大(ドイツ)ホルン科卒業。
ブログ:http://basilkritzer.jp/

受講者の声
「自分でも驚くような音色が出ました!!以前の絶好調の音色が出せたのです。懐かしい感触でした!!私は練習不足ではない、ただ間違った身体の使い方をしていただけなんだ…と実感。様々な条件に対して的確に、穏やかで心に入る言葉使いで教えてくれるバジル先生。生徒の音色、悩みが解決する瞬間を何回も見ました。私は指導の仕事もしていますので、これもまた大きな収穫です」

セミナー内容

バジル先生のココロとカラダの相談室
今すぐできる よくわかる アレクサンダー・テクニーク

楽器演奏 実践! 演奏がどんどん良くなる練習方法
メンタルガイド バジル先生のココロのお悩み相談室
吹奏楽指導 脱・根性論!吹奏楽指導でハッピーに!
楽器演奏+メンタルガイド もっと楽しくて、もっとハッピーな音楽生活を!

4期・時代別指導法

時代別=「4期」を意識してレッスンをするということ

私たちが生きる現代では、バロックから近現代まで約350年にわたり作曲された曲をピアノで演奏することが可能です。この350年間を大きくわけると4期(バロック・古典・ロマン・近現代)ということになりますが、それぞれの時代の音楽をしっかりと理解することが、色々な作曲家の曲を表情豊かに演奏する上でとても重要です。
なぜなら、いま、私たちが前にしている「ピアノ」という楽器が、月日を重ねるごとにどんどん進化して現在の形になり、ほぼ完結されたものといってよいからです。楽器の進化に合わせて、楽曲も音の数が多くなり、多彩な響きを放つようになりました。
「ピアノ」は鍵盤を押せば簡単に音が出て、位置さえ把握すればすぐ弾けるようになる楽器です。しかし、もっときれいな音色を出したい、より美しいバランスを作りたい、速いテンポの曲をかっこ良く弾きたいと思ったときから、とても難しい楽器へと変わってしまうと思いませんか。 
特にバロック時代の鍵盤楽器は、現代のピアノに比べて音を出すための楽器の構造自体が異なっていました。もちろんペダルもありません。
それぞれの時代の曲の魅力を、いまのピアノで最大限に発揮するには何を工夫すべきか、を勉強することは非常に大切なことなのです。いまのピアノのポテンシャルを最大限に生かして自由自在に表現できるようになるために、「楽器の歴史」を知り、「時代の様式」を同時進行で学習してゆくこと。それが「4期を学ぶこと」であり、ピアノ・レッスンには不可欠だということを、皆様と一緒に考えてみたいと思います。

金子 恵

金子 恵 先生

桐朋学園大学音楽学部卒業。リスト音楽院(ブダペスト)修了、サンタ・チェチリア音楽院(ローマ)ディプロマ取得。全日本学生音楽コンクール高校の部全国第1位、日本音楽コンクール第2位。ハンガリー・ヴァイナー国際室内楽コンクール1位なしの第2位入賞。ロベルト・カサドシュ国際ピアノコンクール(現・クリーヴランド国際ピアノコンクール)第3位ショパン賞受賞。イタリア・パルマドーロ国際音楽コンクールで第1位受賞及び作曲家特別賞受賞。帰国後、各地でリサイタルを開く。現在、国立音楽大学准教授及び桐朋学園大学非常勤講師。全日本ピアノ指導者協会正会員、大江戸パパゲーノステーション代表。

セミナー内容

時代の空気を感じる! ~豊かな演奏表現のために~

大塚直哉 先生

東京藝術大学音楽学部楽理科を経て、同大学大学院チェンバロ専攻修了。またアムステルダム音楽院のチェンバロ科およびオルガン科を卒業。チェンバロやパイプオルガン、クラヴィコード、フォルテピアノなどの奏者として活発な活動を行うほか、これらの楽器にはじめて触れる人のためのワークショップを宮崎、埼玉、姫路、東京など各地で行っている。現在、東京藝術大学准教授、国立音楽大学非常勤講師。アンサンブル・コルディエ音楽監督、NHK-FM「古楽の楽しみ」案内役。

大塚直哉ウェブサイト

セミナー内容

バロック時代を知る ~鍵盤楽器の歴史から曲を読みとる~

中川京子 先生

東京藝術大学卒業、第47回日本音楽コンクールピアノ部門第2位。1991年「大阪文化祭賞」本賞受賞。1992年日本ショパン協会第159回例会にオール・ショパンプログラムで出演、好評を博す。以後オール・ショパンプログラムのリサイタルを多数開催。オーケストラとの共演、NHK-FM・TV番組・ヤマハやソニー音楽芸術振興会主催コンサート出演など、各方面にわたり活動中。また、教育用ビデオの演奏収録、アドヴァイスレッスン、トークコンサート、学校クラスコンサートなど教育指導にも力を注いでいる。一般社団法人全日本ピアノ指導者協会正会員・審査員。CD「中川京子ピアノ・リサイタルより~Mozart/Chopin~」。
YouTube「中川京子」で検索→ピアノ小品約150曲の視聴可。PTNA(全日本ピアノ指導者協会)公開録音コンサートにてモーツァルトのピアノ・ソナタ全曲演奏を収録中。

セミナー内容

よりふさわしい奏法をめざして ~ロマン派の作品解釈と演奏~

篠崎仁美 先生

桐朋学園大学演奏学科ピアノ科卒業。ピアノを三宅洋一郎、室内楽を三善晃、堀正文ほか、ジャズボーカルをマーサ三宅に師事。ジャズピアニストの父、篠崎哲也の影響を受け、ポピュラーピアニストとしてデビュー。バッハからスタンダード、ニューミュージックまで、あらゆるジャンルを弾きこなすユニークなピアニストとして活躍中。湯山昭、中田喜直ら日本の作曲家たちとの交流も深く、その演奏は高い評価を得ている。1984年、クラシックアンサンブル部門で「蓼科高原音楽祭奨励賞」、1996年「第26回日本童謡賞特別賞」受賞。CDに「仁美のララバイ」他。自ら企画・構成・演出によるコンサート「サウンドルーム」や、ミュージカル風落語「夢花火」を定期的に開催。好評を得ている。

セミナー内容

近現代作品の弾きどころ! 聴かせどころ!

このページのトップへ

(C)Gakken Plus Co.,Ltd. 無断複製・転写を禁ず